ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨降らないっていったのにさぁ。。。  “J. & S. さすらいの逃亡者”

<<   作成日時 : 2008/10/26 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

まったく天気予報はあてになんないなぁ!どうりで耳の後ろがムズムズすると思った!
耳の後ろから猫が顔を洗うと雨になるんだゾ!

お昼寝してたら焼き芋屋さんの声!もう、そんなシーズンか・・・。
まぁ、それはともかく、初物ご主人に買ってもらおうと思ったら出かけちゃってるよ!
フクにゃんちのバアちゃんもいないのか・・・。
残念・・・、食い損なった。。。

猫に焼き芋??と思った人、猫は繊維質好きなんだヨ!
イモやカボチャの煮物大好きって猫がいるんだから。
あんこ大好きな猫もいるんだよ!

「J. & S. さすらいの逃亡者」 “La Banda J. & S. Cronaca Criminale del Far West” Diditmovies CDDM 120
主演トーマス・ミリアン、スーザン・ジョージ、テリー・サヴァラス、監督セルジオ・コルブッチ、音楽エンニオ・モリコーネ。
画像

J&S さすらいの逃亡者(1974) - goo 映画

公開当時のシングル盤以来初の単独盤であります。LP、CDともに公開後だいぶたってから企画物的に発売されましたがみなカップリングものでした。

一応、過去のアルバムよりは1曲増えてるようであります。しかし、ジャケットの何処にも「初収録」の印の付いた曲はないです!
普通こういう場合、初収録曲が判るように、っちゅうか過去物に差をつけるように表記されてるんだけどなぁ??
ってことは初収録はないんか?!

まあ、なんか聴いてみてもよく判らん??
フクにゃんも、「前のと何か違うんか??」などといっております。。。
なんか・・・、これじゃぁ・・・、チト納得いかんですなぁ。。。
画像

「ボニーとクライド」風な悪事を重ねながら逃避行を続ける破滅型カップルを執念深く追い続ける保安官の追跡物ですね。
一番の見ものはテリー・サヴァラスのゴージャスな毛皮のコートですね!!って・・・、チガウカ〜!
ってまあ、そう言うのもなんですが、印象に残って、残って、残ってしょうがない。。。
こんなとんでもないモン着てるの、バブルの時代でもめったにいなかったんじゃぁ?なヤツ!!
まぁ・・・、ご主人のクローゼットにも、「くんなもん何処着て行くん??」なバブルの遺産がこやしになってますが。。。
画像

さて、この作品はモリコーネのウエスタンもの中唯一のニコラ・サマーレの編曲指揮作品であります。
ニコライとのコラボを解消したモリコーネが暫定的に、といった感じで何作かサマーレを仕事をしております。
サマーレと組んだのはニコライとのコンビ時代に例外的に「死んでいるのは誰?」と仕事をしております。
まあ、多分ニコライが忙しかったのでピンチ・ヒッターだったのでしょうがそれを思い出して、とりあえずサマーレでいいか。。。
ぐらいなところだったんじゃないでしょうか?猫の想像ですが・・・。
しかし、サマーレの無難すぎる解釈になんか物足りなかったのかどうかは知りませんがこのコンビはすぐ解消。
その後しょうがないからかどうかは知りませんがモリコーネは自分で編曲から指揮まで全部するようになりました。
当然、作品数はその分減りましたが一作一作丁寧に自分で責任持って仕上げるようになったので、それはそれで・・・、まあ・・・、いいのかな・・・、ですかね?

まあ、そんなことはともかく、ですがこの収録数チト問題です!
こんな収録時間短いCD、アナログものそのまま復刻盤でも少ないんじゃぁ?であります!

フクにゃんが、「なんで途中で止めちゃうんよ!」などといっていました。
「エェ!!もう終い!!」とあきれていました。。。

まあ、ブックレットにスチールなんか色々あるんで、まあ、とりあえず買っておかなきゃ・・・、というのがモリコーネ・マニアとマカロニ・マニア。。。ですのでその方々は買っておくしかしょうがないでしょうねぇ。。。

さてと・・・、ご主人が帰ってきてるから・・・、焼き芋屋さんまた来ないかなぁ。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!

困った作品ですね(笑)。
これ、ニコラ・サマーレではなく、ニコライやモリコーネ自身が指揮してたらどんな風だったんでしょうね?
そんなことを想像するのが楽しみな作品です。
(ということにしておこうかな)

映画でも、そんなにバリエーションは流れなかったので、特に期待もしていませんでしたが、以前のカップリングものと変わらない印象のアルバムでしたね。

LPを手にした時の感動の方がメッチャ大きいです。

Garringo
2008/10/29 00:02
こんにちは〜、いつもありがとうございます!

確かに最初のLP化のときが一番感激でしたね!

Garringoさんのブログも拝見しているのですが内容が高度すぎちゃってなかなかコメントできません。。。
ちょっと言い訳ですが。

これからもよろしくお願いいたしま〜す。
ムル
2008/11/01 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨降らないっていったのにさぁ。。。  “J. & S. さすらいの逃亡者” ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる