ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS お出かけ日和だねぇ。。。  “殺し屋32口径”

<<   作成日時 : 2008/10/13 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

金木犀がいい香り!木陰でいい香りに包まれてよく寝れたよ。
フクにゃんが、「金木犀が咲いたか・・・、そういやぁ、ここ何日かせみの声聞かないなぁ、もう夏も終わりか??」
なんて言ってるけど・・・、半月以上聞いとらんよ!そんなもん!しかも明らかに秋じゃん!
何気にそんな話をご主人にふってみたら・・・、なんと!「四谷じゃまだ鳴いている。」とご主人!!
「ええぇ〜〜!!そうなの??」

そのことをフクにゃんに話したらしばらく考え込んで・・・、
「判った!これはヒート・アイランド現象の影響でせみがみんな都心に大移動したんだ!」だと。。。

しかし、せみってそんな行動範囲広いの?第一寿命短いから今頃鳴いているのが驚きなんだよ??
と、フクにゃんにいったらまたしばらく考え込んで・・・、
「四谷といえば防衛省。。。」
「何よ?それ??」

「判った!これは日本のどこかにUFOが墜落してそれを自衛隊が回収して宇宙人のDNAを入手したんだ!」
「はぁ!?!?」
「宇宙人のDNAをせみに組み込んだらすごい強靭なせみが生まれて寿命が延びたんだ!」
「で、そのうちねこやうさぎで実験して最後は人間に、そして“ユニバーサル・ソルジャー”みたいな超強力な自衛官作ろうとしているんだ!そうに違いない!」
「恐ろしいことだ。。。うかうかしてられないなぁ。。。さらわれないように用心しないと。。。お前も気をつけろヨ!」

出遅れたせみをフクにゃん強引にSFに持っていこうとしているな。。。

「殺し屋32口径」 “Killer Calibro 32” GDM 4120
監督アル・ブッラドレイ、音楽ロビー・ポイテヴィン、主演ピー・ター・リー・ロレンス、エレーヌ・シャネル、アグネス・スパーク、1967年作品。
画像

ピーター・リー・ローレンスがスタイリッシュな雇われガンマンを演じるようです。ムルは観ていないので詳細は判りませんが。。。
画像

この映画でもローレンスは「つむじ風のキッド」みたいな顎紐付きのテンガロン・ハットですねぇ、どうでもいいんですが。。。

さて、フクにゃんが、「32口径ってことはピース・メーカーじゃなく“スミス&ウエッソン・モデル2アーミー”あたりか?」
などとマニアックなことを・・・。
「カッコつけたガンマンらしいけどなんでこんな銃にしたんだ??」
「他人に差つけてこだわりたけりゃ“スコフィールドの45口径”とか“レミントン・アーミー”にするとかさぁ。」

な、なんでフクにゃんそんな西部劇時代の銃に詳しいの??
画像

さて、音楽はロビー・ポイテヴィン、まあ、以前からVideo取りした程度の音はある程度知られていましたがこの度、またまた発掘されて完全盤が日の目を見ました!まあ、完全盤と言い切っちゃうとまた、「あの曲が入っていない!」みたいなことになるので現時点でとりあえず一番よく出来たもの、程度に思っておいた方がよいかと。

マウリッツィオ・グラーフの主題歌“Amica Colt”もヴァージョン違いで2曲収録されています♪素晴らしい聴きものであります♪

さて、さて、フクにゃんが・・・、「“Amica Colt”・・・、やっぱりコルト使ってるんジャン!」などと怒り出しました!
「32口径のコルトってなんだよ?!“パターソン・コルト”か?!」
「まったくいいかげんだぁ!」

フクにゃん怒って帰っちゃいました。。。

マカロニ・ウエスタン重箱の隅つついたってさぁ。。。
画像

さて、さて、さて、作曲者のロビー・ポイテヴィンについてはあまり詳しいことは知りません。
パリでピアノとヴィブラフォンを習ったそうで、その後ヴィブラフォンの演奏家として活動を始めたそうです。
エディット・ピアフの亜米利加コンサートの際のバック・ミュージシャンも勤めたようであります。
そもそもジャズがお好きだったようでその際ディジー・ガレスビーなんかとの演奏活動も行ったようであります。
また、ジャンゴ・ラインハルトやステファン・グラッペリとも競演していたようであります。でその方面のレコード、CDでお名前を見出せるのかもしれないですがちょっとそっちまで把握しきれないので。。。
サントラ・ファン以外でももしかしたら知られた人なのかもですね。

ですのでジャズ嗜好のある方なのでお仕事には多少好みが反映してる場合もありますね♪
「復讐無頼」も曲によっては軽くジャズが入っていたりもします。本作にはジャズは取り入れなかったようですが。

あと、(どういうわけか。)ノラ・オルランディ女史の作品はほとんどポイテヴィンの編曲指揮ですね!?
偶然です、じゃぁ納得いかないなぁ?
「出来てたのか!?」なんて気になってたり。。。

イヤ!猛然と気になる!!
ちょっと!誰かその辺詳しい人いない!?

まあ、確かにポイテヴィン先生才能もあるし・・・、いい男だし・・・、
オルランディ女史、超美人だし・・・、
他人がとやかく言う筋合い無いけどさぁ・・・、
なんか・・・、
文句言いたい気分。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜

ポイテヴィンとオルランディね!
私も、なんだか色々と想像してました。
多分、そういうことではないですか、なんて思います。

「口径32」って殺し屋にしては小さすぎない?って、やっぱり最初に思いますよね。
で、「アミカ・コルト」ですもんね(笑)。
まあ、そのあたりはマカロニということで。

しかし、歌の2バージョンはうれしかったですね!!
Garringo
2008/10/17 23:32
いつもご訪問ありがとうございます。
“Killer Calibro 45”じゃ何かまずいんですかね

まあ、デリンジャーがメインの武器のサバタなんて人もいるんで・・・、口径じゃないよ・・・、ということにしておきましょうか

本当に主題歌2曲収録はよかったですね!

それではこれからもよろしくお願いいたします。
ムル
2008/10/18 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
お出かけ日和だねぇ。。。  “殺し屋32口径” ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる