ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS また雨じゃん!!  “シャーロック・ホームズの冒険”

<<   作成日時 : 2008/05/03 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

まったく天気予報じゃ「ゴールデン・ウィークは全部晴れ!」みたいなこと言っといて!
本当に森田さんも良純さんもいいかげんだなぁ・・・。ウソツキ!

そもそも晴れや曇りは微妙だけど雨ははっきり判るんだよ!「猫が耳の後ろから顔を洗えば雨になる・・・。」昔から言われてるじゃないか!ムルもフクにゃんも昨日は耳の後ろから顔洗ってたよ。天気図よりよほど確かだ。

「シャーロック・ホームズの冒険」“The Private Life of Sherlock Holmes” Tadlow Music TADLOW 004
監督ビリー・ワイルダー、音楽ミクロス・ローザ、主演ロバート・スティーヴンス、コリン・ブレークリー、アイリーン・ハンドル、クリストファー・リー。
ニック・レイン指揮、プラハ市交響楽団演奏、コンサート・マスター、ルシエ・スヴェロヴァ。
画像

シャーロック・ホームズの冒険(1970) - goo 映画

たまにはマカロニ・ウエスタン以外から・・・。
昨年2007年はミクロス・ローザの生誕100年でありました!ということで企画されたらしい一枚であります。

ビリー・ワイルダー監督も聖典(シャーロック・ホームズ全集のこと)の愛読者だったそうで長年あたためてきた企画だったようです。
で、あるので精魂込めた4時間にも及ぶ超大作として堂々完成させたんですが・・・、なんとそれを製作会社20世紀FOXは2時間にぶった切って公開してしまいました。。。ちょっとやそっとカットしても半分になんかなるもんじゃありません。四部構成、4つのエピソードからなる映画をほとんど二つぐらいエピソード、バッサリ削除してしまいました。
この映画に出演したはずなのに出てこないぞ!という役者さん多数・・・、のはずであります。。。
話もよく判らんほど何がなんだか・・・、なむちゃくちゃにしてしまいました。。。
画像


この映画でワイルダー監督はシャーロックがヴァイオリンの名手、とのことでローザの「ヴァイオリン・コンツェルトOP24」を使いたいと言ったそうであります。
それでローザは組曲状の原曲をシーンに合わせ分解、アレンジして各シーンに録音していったわけですが、半分無くなっちゃったので聴くことのなかったパートも多くあったと思われます。

それに対しこの新録音盤はオリジナル・ヴァージョンのためにローザが用意した全ての曲を完全復元しております!
演奏自体も、非常に非常に、非常に良質で大変素晴らしいものでありました♪
また、ムル的に最高のハイライトというべき名曲、アーク・ハート城を自転車で訪れるシーンのバック流れる曲が何パターンか作られていたことを発見!
実際には使用されなかったけど蘇格蘭(スコットランド)なのでバグパイプとドラムを加えたヴァージョンよかったなぁ。。。

ま、しかし・・・、でありますし・・・、あえていえば・・・、ですが、ローザ自身の指揮で1970年代に自作の再演奏盤作品集を三枚、英ロイヤル・フィル演奏で出しておりましてその中に本作も含まれているのですが・・・、演奏の迫力といいますかダイナミックさは圧倒的にそっちが勝っていますね。。。
ただ、その演奏はオリジナルに忠実よりむしろ演奏のゴージャスさとか迫力とかも考慮した聴かせるための演奏だったからだともいえますが・・・。
まあ、自身の思い入れも加えた演奏なのでしょうしねぇ。。。それ持ち出されたら他人には不利ですねぇ。。。
画像


さて、聖典は覚えてる限り何処にもシャーロク・ホームズ三点セットともいうべき・・・、「ディア・ストーカー」「インヴァネス・コート」「キャラバッシュ・パイプ」は登場しませんが・・・、何故かシャーロック・ホームズのマスト・アイテム状態ですねぇ。。。

ご主人もタバコ吸わないのに、「キャラバッシュ・パイプ一個欲しいなぁ〜。。。」なんてほざいております。。。
モーティマー大佐のベント・タイプのパイプもカッコいい!一個欲しいと言ってましたが・・・。

ってか悩むほど高いモンじゃないじゃない、レコードやCD少し我慢すりゃ楽勝でしょう??

ムルもフクにゃんもたばこはきらいですが・・・、葉巻やパイプの香りはわりと好きであります。
モーティマー大佐のはメシャムのパイプみたいなので使い込まないとああいうきれいな色にならないですからしばらくヘビー・スモーカーにならないとな・・・、なんの話しになってるんだ??

まあ、20世紀を代表する巨匠ミクロス・ローザの音楽は問答無用で素晴らしいものですのでお勧めです。
フクにゃんは「こういう立派な音楽はネコも背筋伸ばしてキチッと聴かなきゃならないからちょっと疲れるなぁ。。。」なんて言っていました。
なお、原作というかノヴェライズの創元推理文庫の「シャーロック・ホームズの優雅な生活」は現在でも現役だと思いますので一読をお勧め。
フクにゃんも面白かったといっております。
願わくばいつの日かカットされ行方不明なオリジナル・ネガが発見され完全な姿で復元されることを望みます。
画像

ローザ先生の他の名作も少しづつ紹介していこうかなぁ・・・、なんて思ってみたり。でもどうなるかは今後の予定は全く未定です。。。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

ハリウッドのスコアにも造詣深し、ですね。恐れ入ります! このアルバム、私も購入済ですがまだ聴いておりません。なんとなくパソコンなど打ちながら聴くのではなく、文中にもあったように、背筋を伸ばしてちゃんと聴きたい!そんな想いが強いアルバムと思ってます。

映画は、かつてオールナイトの三番館で一度見ただけですので、音楽ともどもよく覚えておりません。ネス湖の恐竜(?)が出てきたかな? ローザのスコアでは『タイム・アフター・タイム』が好きなので、そちら系だったら嬉しいなぁ〜。
Palerider2010
2008/05/04 20:14
いつもご訪問いただきありがとうございます。

まあ、一番好きなジャンルはマカロニものとモリコーネのものですが、まあ、一応、好き嫌いせずなんでも幅広く・・・、を心がけております。

やはりローザは映画音楽好きならばはずせない作曲家ですね。

これはお時間のあるときにじっくり聞き込んでください。素晴しい演奏でした。

それではこれからもよろしくお願いします。
ムル
2008/05/05 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
また雨じゃん!!  “シャーロック・ホームズの冒険” ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる