ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS いい天気だねぇ。。。  “地獄へ逆戻り”

<<   作成日時 : 2008/04/29 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

テレビのニュースで北海道の物産展のことやってた。
カニやイクラがこれでもか!ってぐらいてんこ盛りしたお弁当!
「わぉ!わぉ!わぉ!」フクにゃんと思わず叫んじゃったよ。。。
「なんかうまいもん食わせてもらわないと!ゴールデンウィークだし!」とフクにゃん。
ゴールデン・ウィークが関係あるかどうかともかく・・・、「うまいもん食わせろ〜!」はもっともな話だ!
で、ご主人と交渉の末・・・、とりあえず今日はケンタで手を打つことに。
イヤ〜、猫はケンタには弱いんだな。。。「ウメ〜!」2ピースづつ貰って満足、満足、満足。。。

「地獄へ逆戻り」“Uno di Piu' All' Inferno” GDM 4103 主演ジョージ・ヒルトン、ポール・スティーヴンス、ジェラルド・ハーター、監督ジョヴァンニ・ファーゴ、音楽ニコ・フィデンコ。全13曲の完全盤。
画像

「西部の無頼人」「地獄の幌馬車」と本作品で過去LP1枚に収録されていてこの作品からは3曲が収録されていました。

ところで、この映画ムルはまだ観ていません。だから映画のことはなんともいえませんが、音楽に関してはいろいろ注目すべき点があります。
まず、編曲指揮がそれまでのウィリ・ブレッツァからその後の「黒いエマニエル」シリーズでもディレクションをしている、ジャンニ・デル・オルソになりました。かなり音色が変わりました♪
ま、これに関しては好みもあるでしょうから一概になんとも・・・、ですが。ムル的にはマカロニものに関してはウィリ・ブレッツァの方が好きだな。。。

コーラスにはノラ・オルランディが参加しております!そして編曲指揮がデル・オルソなので奥さんのエッダがソロを聞かせてくれます!
音楽スタッフは超々強力であります!

画像


この映画ではジェラルド・ハーターが望遠スコープ付きライフルを撃ちまくるようであります。
カッコいいねえ・・・、見てみたい作品ですね。

さて、これらのCDはGDMより限定発売されて売り切れたらそれっきり・・・、ということですが、版元のCAM社はそれとは別にDL販売もいたしております。で、DLした人用なのかジャケットも独自に作ってあったりもします。
で、中にはCDよりもなんかいいじゃん・・・、なジャケもあったりして。
この作品も当時のポスター利用したCDよりCAMが独自にデザインしたこのジャケット・・・、なんかこっちがいいな。。。
なんか「スリーピ−・ホロウ」の首なし騎士みたいなジャケット!なんなんだ!なんなんだ!なんなんだ?
画像


さてと・・・、明日からもゴールデン・ウィークだし、ご主人何処にも連れてってくれなそうだし・・・、そうなりゃなんかうまいもん食わせてくれなきゃな、ということでフクにゃんとも意見が一致してるので・・・、明日はマグロの刺身だな!
この要求通らないならフクにゃん、「PCにマーキングするゾ!」って言ってるぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!

この作品が収録されたCAMのLPって、学生時代の夏休みにアメリカのレコード・ショップで偶然発見して購入できました。

フィデンコの曲って、もちろんモリコーネやデ・マージなどとはまた違った”粋”な曲が多く、大好きです。しかし、アレンジャーの違いまでは判りませんでした。脱帽です。

CAMのダル専用のジャケ、確かにこちらのほうがデザインがいいものが多いですよね。ま、ダルして差し替えてますが(笑)。
Palerider2010
2008/05/03 05:03
こんにちは、いつもご訪問ありがとうございます。

フィデンコのマカロニものは独特のスゴミとカッコよさを持っていて大好きです。

このLP入手した当時ですが「西部の無頼人」が3曲だけ・・・、というのにちょっとがっかりした覚えがあります。
主題歌は別レーベルだったし。。。

まあ、とにかく未発表だった多数の曲が聴けるようになってよかったです。

これからもよろしくお願いしま〜す。

ムル
2008/05/03 18:53
はじめまして。
いつも興味深く拝見してます。

私もCAMのLPを入手したときは、「西部の
無頼人」がたった3曲だけだったのにガッカリ
しました。テレビ放送で見ていただけに、主題歌
をはじめ、いろいろいい曲があっただろうに・・
なんて思ったものです。テーマ曲は国内盤の
MAX20を持ってましたので、実質2曲分の
新曲でした。

しかし、ダウンロード用のジャケット、クライマックスの
決闘シーンからイメージしたと思いますが、
デザインが強烈ですね。なぜに首がないかは・・
見てのお楽しみということで。映画本編も
どこかで見たようなパクリのシーンが多い
(フィルムの流用ではないです)ですが、
けっこう楽しめました。
Arizona
2008/05/06 22:00
Arizanaさん、初めまして。
ご訪問ありがとうございます。

そもそも3作品で1枚はお買い得なのかもしれませんが・・・、選曲によっては「ムッ!」とさせられる場合もありますね。
「西部の無頼人」は歌なしで3曲だけだし・・・、「地獄の幌馬車」は曲数は多いもののタイトル未収録だし・・・。

編集した人のセンスにもよるんでしょうが、たとえば、「タイトル曲短かったから同じメロディのもっと長いの入れといた・・・。」みたいなことされるのは困るんですよね、マニアには!サントラ・アルバムってけっこう肝心な曲はいってないことありますよね!

それでも貴重な作品を発掘してくれて少しづつ聞けるようになってきてうれしいのは確かですし、感謝しないといけないですね。。。
最大の問題はユーロ高です。。。

それではこれからもよろしくお願いします。
ムル
2008/05/08 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
いい天気だねぇ。。。  “地獄へ逆戻り” ムルのい・び・き。。。フクのね・ご・と。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる